皆さんこんにちは、ほり歯科医院です。今回は私の知り合いでたった2年で虫歯を6本も作ってしまったフリーランスのデザイナーさんの体験談をご紹介します。
※当歯科医院を受診された患者さんの体験談ではありません。

若い頃から歯が丈夫なことだけが自慢だった

私は、19歳の頃に一度だけ虫歯を作っただけでそれ以来10年以上虫歯になったことがなく歯が丈夫なことがとても自慢でした。
たまに歯石が溜まってくると歯石除去に行くこともありましたが、行くたびに決まって歯医者さんに「虫歯はなくキレイな歯ですね」と褒められていました。
普段から忙しさから歯磨きはものの1~2分で済ませることが多く特別なケアもしていませんでした。いつしか私は「虫歯が出来ないのは、きっと体質のせいだ」と思い込んでいました。

フリーランスへ転身し、生活リズムが狂うように

30歳も半ばになり自分の力を試すべく、フリーランスに転職することにしました。
もともと出不精だった私にとって、お家で仕事ができることは夢のようなことでした。
休憩するのも、食事をするのも自分のペースでできるので、つい食事を摂り損ねたりひどい時は昼夜が逆転するようになりました。
忙しさのあまり、最初の一年は健康診断もすっぽかしてしまいました。

奥歯が欠けているのを発見

フリーランス生活は順調でしたが、相変わらず生活は乱れていました。
そんなある日、右下の奥歯の一つに違和感のある舌触りを感じました。
鏡で見てみると、歯がほんの少し欠けていました。
普段から、軟骨の唐揚げなど硬いものが好きで、何か硬いものを食べてしまったせいだろうと勝手に納得してしまいました。
それどころか、また時間がある時に歯医者さんに行こうと思ったものの、忙しさにかまけて先延ばしにしてしまいました。

なんと虫歯が6本も!

ある日忙しさが落ち着いてきた時、ふと歯医者さんに行くのを忘れていたことを思い出しました。
歯が欠けているのを発見してから半年も立っていました。
さすがにまずいと思い予約してその日のうちに行くことに。2年ぶりの歯医者さんでした。
レントゲンを撮り、診察をすると歯医者さんから予想しなかった事実が…。
歯が欠けたのは虫歯のせいだということが発覚しました。
しかも、虫歯は6本もありました。
永久歯に生え変わって、一本しか虫歯がなかったのに、たった2年で虫歯を6本も作ってしまったのです。
虫歯が出来ないという根拠のない自信はすっかり消え去ってしまいました。

治療は約半年かかりました

もし歯が欠けた時に歯医者さんにすぐ行って診察を受けていればこんなに長く治療に時間を割くことはなかったかもしれません。
それ以来反省して、生活習慣はもちろん、フロスや歯ブラシはいつも常備し、丁寧に歯磨きしています。
どんなに忙しくても、定期検診は欠かさないようにしています。

異変を感じたらすぐに診察を

虫歯(う歯)などは進行しないと痛みを伴わないので、お話をいただいた方のように気づかない患者様も多くおられます。
早めに受診する事で、虫歯の早期発見や治療の期間が短くなることもあります。
異変を感じたらまずは診察をされることをおすすめします。