皆さんこんにちは、ほり歯科医院です。今回のブログは歯医者に通うことが苦手で、継続して治療に通うことができなかった患者さんの体験談です。※当歯科医院を受診された患者さんの体験談ではありません。

私が歯医者に行きたくない理由

私は子供の頃から、歯医者にいくのがとても嫌いでした。
小さい頃は治療中に口を閉じてしまうからという理由で、金属の器具で口が閉じないように固定し、痛い麻酔注射もされ治療をすることが子供ながらにすごく怖かったのを覚えています。大人になった今でも、幼いころのトラウマのせいか歯医者にいくことがとても苦手で足が向かないことが多くありました。

先生のこまめな声かけで辛い通院も頑張れた

いま通っている歯科の先生に、私が初めて治療を受ける時「私は歯医者に通うのが苦手なんです。麻酔や歯を削られる振動が気持ち悪くて嫌なんです。」と伝えました。
先生は「誰も歯医者に行くのが好きな人はいないですよ。治療中に気分が悪くなったり、痛みがある時は気にせずにいつでも言ってください。」と言っていただき安心することが出来ました。
治療の前には何を治療するか説明してくれて、麻酔をする度に声をかけてくれています。歯を削るときも事前に教えてくれて、「痛みがある時や辛い時には手を上げて教えてください。」とこまやかに声をかけてくれています。
痛みや、辛いことに変わりはないのですがそういった先生の配慮が安心でき、今では治療を頑張れています。

気兼ねなくなんでもご相談ください

お話をしていただいた方のように、歯医者が苦手、嫌い、という患者さんはたくさんおられます。
子供さんでも大人になっても痛いのは嫌で苦手なものです。
ほり歯科医院は「患者さんへ寄り添う治療」を目指しております。私も当歯科医院に通院していただく患者さんに少しでも辛い治療を緩和できるように声かけをさせていただいております。もし苦手な治療や不安があれば事前に気兼ねなく、なんでもご相談ください。