テレビのCMなどで目にすることも多い歯周病。
歯周病とは、歯周プラーク(歯垢)の中にいる歯周病菌が歯ぐきの炎症を起こし、少しずつ周りの組織を破壊していく細菌感染症のひとつです。症状が進行すると歯を支える土台となる骨を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因となります。
歯周プラーク(歯垢)とは口腔内の食物残渣ではなく細菌の塊のことを言います。歯周プラーク(歯垢)の中にいる細菌が虫歯や歯周病の原因となります。

気づかないうちに歯周病に…

歯周病は痛みなどの自覚症状がないため進行に気づかないことが多い感染症です。
気づかないうちに歯周病になっていたという患者さんもたくさんおられます。
歯周病になっている人は成人の約8割とも言われています。これを見ると10人のうちの8人が歯周病なのですから、自分も歯周病かもと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。。
症状の差はありますが自覚のない人は軽度の歯周病にかかっている可能性があるということです。

歯周病の症状チェック

こんな症状があれば歯周病かもしれません。

  • 歯みがきの時に出血する
  • たまに歯肉が腫れて痛みがある
  • 歯肉が下がって、歯が伸びたように見える
  • 歯と歯の歯間が広がったと感じる
  • 歯がグラグラする
  • 硬いものが食べにくい
  • 朝起きた時、口腔内にネバ付きがある
  • 口臭が気になる

歯周病になりやすい人チェック

歯周病になりやすい人は次のような生活習慣をしている人が多くおられます。

  • 不十分な歯みがきをしている
  • 歯ぎしりをする
  • かみ合わせが悪い
  • よく噛まずに食べる
  • 間食が多い
  • 喫煙習慣がある
  • 疲労やストレスがある
  • 夜更かしをしてしまう

歯周病は口腔内の問題だけでなく食生活や喫煙、疲労やストレス、不規則な生活などが関係する誰にでも起こりうる生活習慣病のひとつなのです。

継続的なセルフケアを

「完治した」というのが非常に難しいのが歯周病です。
成人の8割の方が歯周病なのですから、一時的に治ったとしても油断していれば、また歯周病になる可能性は多くあります。完治させるというよりは症状の改善や緩和、進行を抑えるケアを継続的に行っていくことが大切だと考えています。日々のセルフケアと定期的な検診を利用することで、虫歯や歯周病の早期発見に努めましょう。